ラテアートに挑戦:ハート編(1)

本物のラテアートには、エスプレッソマシンとスチームミルク(蒸気で作るきめ細かな泡)で、ミルクピッチャーのみで絵を描きます。(描くそうです。)
でも、ちょっと挑戦してみたかったので、電動クリーマー(ミルクフローサー)でラテアートに挑戦してみたまとめです。

イラスト:ラテアートに使用する道具

用意するのモノ
電動クリーマー(ミルクフォーマー)・牛乳・インスタントコーヒー・注ぎ口のある計量カップ・耐熱ティーポット・箸・爪楊枝・ティーカップ

濃い目のコーヒーを少し作る
① 濃いめのコーヒー少なめに作ります。写真1写真2

耐熱ティーポットで牛乳を温める
② 牛乳を電子レンジで温めます。500W1分50秒 写真

電動クリーマーでフォームミルクを作る
③ 牛乳の量が1.2〜3倍程度になるのを目安に、なるべく動かさず、クリーミーな泡を目指します。写真

※.
牛乳の入脂肪分と温度により、泡立ち方が変わります。
牛乳が温かい程、泡立ちにくくなりクリーミーな泡になります。
※.
仕上げに電動クリーマーを泡の表面スレスレに持って行き、大きな泡を極力潰します。写真

コーヒーとフォームミルクで、クレマもどきを作る
④ クレマ(クレマもどきの茶色の泡)をつくります。 高い位置から泡立てたミルクを落とし、濃い目のコーヒーと混ぜ、茶色の泡を作ります。 注ぐ量は、カップの半分程度。写真

カップを叩き泡を潰す
⑤ カップの底を叩き、高い位置から注いだ際にできた泡を潰します。写真

※.
クレマとは、エスプレッソの表面に出来る茶色の泡のことです。
ラテアートのキャンバスになります。

クレマにフォームミルクで円を描く
⑥ ここからは茶色の泡の表面に白い泡を乗せる感じで、計量カップとカップを近づけて静かに注ぎます。写真

フォームミルクを箸でハートに♪
⑦ 丸い白い泡の箸で切るイメージで、さっと上から下に箸を動かします。すると、ハートが出来ます。 小さいハートを作るときは、楊枝で円を切ります。写真

回りに小さいハートを作り完成
小さいハートを回りに描いて、ラテアートハートの完成。

必殺オシャレなハートを作るには!?
応用① 白い泡に『の』字を描いてから、ハートを作るとちょっとオシャレなハートになります。

完成ラテアート:ハート
② 出来上がり

このエントリーをはてなブックマークに追加