Inkscapeでイラストを描いてみよう:ペンツール(1)

ベクター系イラストでは、ベジェ曲線の習得が鍵となります。
ペンツールは、ベジェ曲線を描くツールです。
いきなりベジェ曲線で絵を描くのは・・・難しいので、まずは、ペンツールの直線のみでイラストを描いてみましょう。

Inkscape:犬のイラスト線画

1.ペンツールを選択します。
マウスをクリックで線をつなぎ、矩形で犬のイラストを描きます。
作業画面を拡大する場合は、テンキーの『+』縮小は『-』ボタンを押します。
また、作業画面の移動は、『Ctrl』+『←↑↓→』で操作ができます。

2.ストローク(線)の調整
ストロークの調整は、『フィル/ストロークパネル』より設定できます。
線の太さと線の角の丸みを調整します。
線の太さを4px・結合(線の角)を丸結合にします。

Inkscape:犬のイラスト着色

3.イラストに色を塗ります。
オブジェクトを選択して下部のカラーパレットより色をつけます。
線の色を変更する場合は、Shiftキーを押しながらクリック。

色を塗り終えると、オブジェクトの制作した順番により前後関係(重なり)が発生します。
「後ろ足」や予定と前後関係が予定と違うオブジェクトは、前後関係を調整します。

変更するオブジェクトをマウスで選択して、キーボードの『PageUp』『PageDown』などで、前後関係を変更していきます。

※.
レイヤーで前後関係を管理することも可能です。
Inkscape:犬のイラスト線なし版

4.線をやっぱり消してみる
線のあるオブジェクトを全部選択して、ストロークを削除します。

今回のInkscapeポイント

オブジェクトの前後関係操作

  • PageUp:1つ前面に移動
  • PageDown:1つ背面に移動
  • Home:最前面に移動
  • End:最背面に移動

オブジェクトに色をつける

  • オブジェクトを選択して、下部のカラーパレットよりクリック。
  • 線の色を変更する場合は、Shiftキーを押しながらクリック。

線(ストローク)の調整

  • フィル/ストロークパネルより設定。

画面の拡大・縮小と移動

  • 拡大はテンキーの『+』縮小は『-』ボタン
  • 画面の移動は、『Ctrl』+『←↑↓→』で操作

 

このエントリーをはてなブックマークに追加