Inkscapeで男の子のイラストを描いてみよう(1)

ペンツールでマウスをクリック(押したまま)したまま、マウスをドラッグすると、線が曲線になります。
このときに、ハンドル『○-----○』が表示されます。このハンドルは、『ノードツール』で修正。ペンツールで線を描く。ノードツールで調整する。
これを繰り返してイラストを描きます。

男の子イラストデータ

  • サンプル:InkscapeのSVGデータ
    右クリック「名前を付けてリンク先を保存」よりダウンロードできます。

ノードには、『シャープ』『スムーズ』『左右対称』などの種類があります。

  • シャープは、鋭角な曲線を描けます。
  • スムーズは、その名の通りスムーズな曲線となります。
  • 左右対称は、こちらは『ハンドル』がノードから左右対象となります。

では、顔の輪郭から思い切りよく、ペンツールで描いていきましょう。イメージした線と違ったら『ノードツール』で、曲線のハンドルを調整します。

1.顔の輪郭を描きます。
Inkscapeで描くイラスト男の子:輪郭
2.髪を描きます。
Inkscapeで描くイラスト男の子:髪
3.耳を描きます。
Inkscapeで描くイラスト男の子:耳を描く
4.体はシンプルに
Inkscapeで描くイラスト男の子:体を描く
5.目と口・ほっぺた
Inkscapeで描くイラスト男の子:目・口を描く
6.下書き完成
Inkscapeで描くイラスト男の子:線画の完成

ここまでのポイント【ペンツール・ノードツール】

ペンツールで鋭角な線を描く方法
髪を描くときに、鋭角な線が必要になります。
鋭角な線は、マウスをドラッグするときに『Shift』キーを押します。すると『ハンドル』が折れ曲がり鋭角な線が描けます。

イメージ通りの曲線を描くには
コツは、どこにノード(点)を置くかです。
ペンツール直線のみで犬を描いた。ノード(点)の位置を思い出すと比較的描き易いかもしれません。

ノードの調整
Ctrl+『ノード』をマウスクリック以下のノードに変更できます。

  • 『ノードの種類をシャープに』Shift+C
  • 『ノードの種類をスムーズに』Shift+S
  • 『ノードの種類を対象に』Shift+Y
  • 『ノードの追加』追加したい場所(線上)で、マウスをダブルクリック。
  • 『ノードの削除』削除したノードを選択して『Delete』

男の子のイラストに、色をつけて完成です。

Inkscapeで描くイラスト男の子:着色

複数のオブジェクトを選択して、まとめて色をつけることもできます。また、オブジェクトの色・線の情報をコピーして貼り付ける『スタイルの貼り付け』もできます。
次回は、詳しい着色の方法を説明したいと思います。

着色のポイント

オブジェクトのスタイルを貼り付ける
キーボードから貼り付ける場合は、オブジェクトをコピーして、『Shift』+『Ctrl』+『V』でスタイルを貼り付けれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを追加